FC2ブログ
TopRSS管理
当ブログには過激な性描写が含まれています。
コチラから18歳認証を済ませて下さい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
性奴隷としての日常
ご無沙汰しております。

性奴隷女子○生ユナです。

ジメジメとした日が続きますね。こういった季節になると

ご主人様とのプレイが普段より慎重というか丁寧になる気がします。

麻縄を使うので肌が荒れることも実はあったりなかったり^^;

もちろん自分からそんなこと言えませんけど><

だからいつもの優しい心遣い感謝してます。

なんか照れくさいw

最近はアナルを責められることが多く、バイブ責めも多めになってきました。

湿気の多い季節なのでなんとなく体力の消耗が激しいような気もしてきていますww

なにはともあれご主人様とは仲良くやってますw

ブロともになっていただいた方々ありがとうございました!

今後も宜しくお願いしますね。

テーマ:調教日記 - ジャンル:アダルト

[2010/06/22 20:05] | 性奴隷 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top
後ろ手に縛られて…

ご無沙汰しております。ユナです。今から夏休みが待ち遠しいです。夏休み中はずぅっっとご主人様のおうちにお泊りしたいのですが、実家暮らしなのでそんなことできるはずもなく…。

むしろ時間が有り余ってしまうはずなので余計悶々としてしまいそうです。。。

先日緊縛の四十八手なるものを一通りしようという話になったのですが、思っていた以上に時間がかかってしまい、結局普段あまりやらない縛り方を4通り試しただけで終わってしまいました。

あまり作業的になるのと楽しめなくなるのでまたやるかは微妙なところですww

そういえば

こないだご主人さまがチェックしていたニュースなのですが、
「花と蛇3」に小向美奈子さんの緊縛シーンが見れるそうです。
 団鬼六氏原作のSM官能作品で、イタリア帰りのチェリスト静子が財界の大物の謀略によってさまざまな調教を受ける物語。「亀甲縛り」や、「芋虫転がし」など普段私にもしてくれたことのある縛りが見れるそうです。緊縛シーンは有名な縛り師の有末剛さんがてがけています。
 でも小向さんはインタビューでは「無理な体勢が続いて腰を痛めた。普段は縛る方に回りたい。」とのことw
花と蛇シリーズって実はSな女性が縛られてることの方が多い気が…ww

テーマ:調教日記 - ジャンル:アダルト

[2010/06/05 21:23] | 性奴隷 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top
紹介
GWですね。

お久しぶりです。

実はGW中ご主人様にたくさん調教してもらうつもりが、、、

今ワケあってご主人さまと会えません…。

とても悲しいです。。。

そんなわけでまたエッチなサイトのぞいて回っていますww

今日はその中でもちょっと気になったブログがあったので紹介します。

M女minminの調教日記
minminがご主人様の奴隷として調教され育っていく過程を綴った日記です。

SMIZM
無料でSM動画が見れちゃいます。まだサイトは立ちあがって間もないみたいですが、緊縛動画をメインに色々紹介してくれています。

どちらも独り身(おおげさw)のユナにとってはすばらしいサイト様です。

あぁー早くご主人様帰ってこないかなぁ…

テーマ:調教日記 - ジャンル:アダルト

[2010/05/03 15:36] | 性奴隷 | トラックバック(0) | コメント(47) | page top
先日
今日は祝日ということもあって
昨日はたくさんご主人さまにイヂめられてしまいました。。

たくさん乳首を責められ、電マで何度もイカされてしまいました。

私だけ何度もイッてしまったので、ご主人様にまたしかられてしまいました。

でも

そのあとご主人さまの肉棒でたくさんかわいがっていただきました。

とても幸せ

調教の一環として、
スカイプのカメラでも何人かの方に私の調教を見ていただいたのですが、目隠しで顔を隠しているとはいえ、
やはりとても恥ずかしく、緊張してしまいます。

でも実は快感だったりもしますww

またミートで応募することもあるかもしれませんが、その時は宜しくお願いします。
↓ユナのお気に入り↓
a.jpg
[2010/04/29 11:06] | 性奴隷 | トラックバック(0) | コメント(28) | page top
ご主人様のものになるまで
最初のご主人様と何度かお会いしていくうちにしだいに不安や不信感といったものが拭え、

いつの間に笑顔で会話できる仲になっていました。

それでも当時処女であった私には性に対してかなりの不安を抱いていました。

ご主人様も、私の年齢が年齢だったために、その点に関しては決してご主人様の方から話をされようとはしませんでした。

私が性奴隷へと堕ちていく大きな要因はやはりご主人様の寛大さにあったのだと思っています。

今思うと完全にご主人さまのペースに引き込まれていたのかもしれません。


NO.1エログランキング
アダルトブログランキングへ



■お世話になってるサイト様■

緊縛ブログ 調教日記?SM初心者~yuu~ SM ∞ SMランキング 調教倶楽部

テーマ:SM・拷問・調教・凌辱  - ジャンル:アダルト

[2010/04/19 01:27] | 性奴隷 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。